KUDZUMOTO YASUAKI 葛本康彰

“熱や重力や空気 / progress of phenomenon”

大東は昨年のKUNST ARTSでの個展「必然的な事だが偶然的な運命」において制作のドキュメント映像を発表しており、葛本はそれを見て「よいなぁ」と思った。また、葛本自身も学生時代に同様の趣旨の映像資料を残している。
Section4ではドキュメント的な意味合いではなく、制作過程で生まれる素材の形状変化に着目し、独自のヴィジュアルをビデオインスタレーションとして展開する。



2019.1 「藝文京展EX ~つなぐ~」会場資料掲載文

works | https://kudzumoto.com/works/gbk-pp/

© 2016 KUDZUMOTO YASUAKI

このページのTOPへ