KUDZUMOTO YASUAKI 葛本康彰

“偶然的だが必然的なキャスティング / around our casting”

ここまでに書いたように葛本と大東は自ら考案した制作手法によって継続的に制作を行っている。そしてそのような制作過程を反復していく中で積みあがっていく副産物的なものも独自の姿やヴォリュームを持っている。例えばD3の針金の塊は大東がガラス瓶を吊る為に窯入れした使用済み針金をぎゅっとしたものであり、K1は葛本が溶けた部分を切り取った残りの発泡スチロールである。それらは作品同様、偶然と必然が入れ子構造の様に繰り返されるなかでその姿を得ていく。
SectionⅡではそのような制作過程の中で、あるいはその周辺で積みあがってゆくものを提示することで、両者の素材に向けられた眼差しや行為の可視化を試みる。



2019.1 「藝文京展EX ~つなぐ~」会場資料掲載文

works | https://kudzumoto.com/works/gbk-sr/
works | https://kudzumoto.com/works/gbk-srd/

© 2016 KUDZUMOTO YASUAKI

このページのTOPへ